キッズだより

  • ホーム
  • 子どもは花粉症になるの!?

子どもは花粉症になるの!?

子どもも花粉症を発症します。

0歳から発症するケースもありますが、基本2歳ごろから発症する場合が多く、それ以降は年齢とともに、発症する子どもが増えていきます。

子どもの花粉症の症状は「鼻づまり」と「鼻水」が多く、とくに小さな子どもは鼻腔が狭く、鼻づまりの症状がよくみられます。サラサラの鼻水が止まらないといった症状もあります。
口呼吸がうまくできない子どもにとって、鼻づまりはとても苦しい症状です。

また、鼻は耳や喉に直結しているため、鼻づまりや鼻水をそのままにしておくと「滲出性中耳炎」や「喘息」などにもつながりやすくなります。
鼻づまりや鼻水の症状が出ているときは、早めの受診が大切です!

風邪かどうかを見極めるポイント

下記の図を参考にされて下さい。

薬はどんなの?

症状にもよりますが、鼻づまりに効く薬、鼻水に効く薬など、複数の薬を組み合わせて処方されます。目や鼻の症状がひどいときは、子ども用の点鼻薬や目薬が処方されることもあります。

!注意!

市販薬や、大人用に処方されたアレルギー薬などを無断で飲ませることは、副作用もあり危険なのでやめましょう。

予防はどうしたら?

子どもの場合も、対策は大人と同じです。
まずは花粉が家に侵入しないように工夫し、免疫力を上げる生活習慣を心がけましょう。

1.外で着た衣類は部屋に持ち込まない

外出時に着ていた衣類は、リビングや寝室などに持ち込まないようにしましょう。
外から帰ったらすぐに着替え、外で着ていた服は室内に持ち込まない工夫が必要です。

2.洗濯物はできれば部屋干しに

洗濯をするときは、あらかじめその日の花粉飛散情報などを確認してから、外干しか部屋干しかを決めましょう。とくに花粉が多い2~3月などは、基本的に部屋干しがオススメです。

3.食事はバランスよく、規則正しい生活を大切に!

免疫力を上げるためにも、食事は偏らないようバランスよく摂りましょう。
ヨーグルト(乳酸菌)は、アレルギー症状や、感染を抑える効果が期待され、またビタミンを多く含んだ果物は粘膜を強くする効果があります。

そして疲れや睡眠不足も、花粉症がひどくなる原因につながります!規則正しい生活をさせるように心掛けましょう。

  • ホーム
  • あゆみキッズだより3月号

あゆみキッズだより3月号

  • ホーム
  • あゆみキッズだより2月号

あゆみキッズだより2月号

Copyright © 社会福祉法人 晃和会. All Rights Reserved